偏頭痛に必要なマグネシウム

偏頭痛持ちの人の脳内を調べると、3割から5割の人がマグネシウム不足という結果が出ています。偏頭痛には、ミトコンドリアの活性が低い人が多く、ミトコンドリアの酸化リン酸化の異常や細胞膜の不安定化が原因となっています。

偏頭痛が起きている際、脳内のマグネシウム濃度を測ると、通常時より19パーセント低く、偏頭痛にはマグネシウムが関係している事が明らかになりました

マグネシウムは人間に必要なミネラルでマグネシウムによって体のバランスを取り、血管の収縮を抑える働きがあります。乳酸の蓄積を防いで、蓄積を防ぐことから筋肉の緊張をほぐし偏頭痛が起きにくくなるのです。

上手く摂取出来ないと

そのマグネシウムが上手く摂取出来ないと、ストレスが溜まり疲れやすく、痛みに敏感にもなるため、そこから偏頭痛の原因にも繋がります。でも、中々馴染みのないマグネシウム。現在、ほとんどの人が必要量のマグネシウムを摂取出来ていない状態です。

これは、戦後日本人が肉食の欧米化した食生活になったことが原因とされています。更に、白米・白砂糖といった精製食品を摂るようになったことから、マグネシウム不足ななったと考えられるでしょう。

マグネシウムが多く含まれる食材は、玄米・いりごま・アーモンド・干しひじき・桜エビなどです。これらをカルシウムと一緒に摂取しましょう。マグネシウムのみ摂取すると、カルシウム不足になり、逆に偏頭痛を引き起こしてしまう場合があります。マグネシウムは摂取し過ぎても腎機能が正常であれば体外に排出させるので、カルシウムと一緒に上手く摂取していきましょう


慢性頭痛を解消させる唯一の方法