母と娘と偏頭痛


私の母は偏頭痛持ちでした。我が家は両親共に働いていて、母は朝から晩まで職場で働き、仕事から帰ってきてからも家では家事に追われ、朝起きてから夜眠るまで休んでいる姿を見た事がありませんでした。

でも、たまにぐったりと座っているのを見ると、いつも頭が痛いと言いつつ、子供の私に心配をかけないように「薬飲んだからすぐ楽になるよ」と、まるで見たことのあるCMのようなやりとりをしていました。

高校生になった頃から、私も偏頭痛持ちになりました。そこまで頻繁に痛くなるわけではないのですが、学校に行く時も頭痛に効く鎮痛剤は必須、いつ頭が痛くなってもいいようにいつでも持ち歩いていました。母が偏頭痛持ちでしたが、私の姉も含めて我が家の女性陣は揃って頭痛持ち。偏頭痛は遺伝するのでしょうか?

調べてみると


調べてみると、偏頭痛は母から娘というケースで遺伝するパターンが多いとの事でした。頭痛持ちの母親から娘に遺伝する割合は五割以上だそうです。頭痛のCMは、小さな娘がママを労ったり、社会人の娘が母親に薬を差し出したり、そういえば母と娘に関係している病気なのかなと妙に納得してしまいました。偏頭痛は女性に多く見られる病気なのですね。

身近な存在の母が偏頭痛の先輩というのは心強いものです。偏頭痛に悩まされ母が学んだ事を色々教えてもらいました。旅行に行く際は、日常とは違い人混みに行く事が増えたり、楽しくて興奮状態になったりと頭痛になりやすい状態が続くので、薬を必ず多めに持ち歩く事。頭が痛くなった場合、我慢すればするほど薬が効きにくくなるから、出来れば早めに薬を飲む事。母から学んだ事で、偏頭痛と上手に付き合っています。


慢性頭痛を解消させる唯一の方法