女性ホルモンと偏頭痛の関係


偏頭痛というのは、男性よりも女性に多いようです。私の家でも父以外、私の姉妹も母もみんな偏頭痛持ちです。私は高校生くらいから偏頭痛持ちになりました。そして母は長年苦しんできた偏頭痛が最近音沙汰無しと言っています。母はいつも頭痛薬を持ち歩いていましたが、その薬を全く使っていない事に気付き、偏頭痛がなくなったのだと実感したようです

女性特有の偏頭痛は、思春期頃から始まり、60歳頃に終わるそうです。若い女性の偏頭痛持ちの人の6割が頭痛の理由が生理と関係しているようで、排卵日や生理前後などに頭が痛くなる人が多いという事です。妊娠中は生理もなく偏頭痛はあまり起こらないと聞いていましたが、私も妊娠中は全く偏頭痛に悩まされる事はありませんでした

偏頭痛が起こらないようにする


偏頭痛が起こらないようにするには、規則正しい生活が重要だという事です。早寝・早起き、三度の食事、それからストレスを与えない事。私は、このストレスで偏頭痛をよく感じていました。人は誰しも悩みがあり、その悩みも解決してはまた新しい難問、ストレスを感じていない人などいないと思います。

私は排卵日や生理前後に悩み事がぶつかると、普段より落ち込んでしまう傾向がある事に気付き、その度に偏頭痛が起こってしまう事もしばしばありました。なので、排卵日や生理前後は、出来るだけ人と接触しない、感情の起伏が激しくならないように普段通りの生活を心掛けています

そうする事によって体にストレスを溜め込まないで、その結果、偏頭痛の回数も減ったように思います。自分のメンタルと体のメカニズムを照らし合わせてみる事も、快適な生活を送るポイントだと思います


慢性頭痛を解消させる唯一の方法