慢性頭痛解消プログラム




8つの問題を10の方法で解決する!そうすることで、あなたの「女性特有の慢性型頭痛」を解消させる方法です。

現在、慢性型頭痛をもつ人は日本人で2000万人を超えると言われています。そのうち、男女の割合はというと、女性が圧倒的に多く、男性の4倍近くにのぼります。また、その障害が生活に与えている現状は・・・

  ○いつも寝込む
  ○ときどき寝込む
  ○寝込まないが支障大
  ○なにもやる気が起きない
  ○集中できない
  ○発作のために子供になにもしてあげられない

と、頭痛持ちの方が日常生活に支障を感じている人は大変多いのです。頭痛に悩む人の98%が日常生活に支障を感じているようです。慢性型頭痛は「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」に分けられます。「片頭痛」と「緊張型頭痛」があわさっておきている、「混合型頭痛」というのもあります。

男女での割合はというと、「片頭痛」で女性が男性の3.6倍。「緊張型頭痛」で2倍近く。これに対して「群発頭痛」は男女比5:1で男性が多いようです。これゆえ、「片頭痛」「緊張型頭痛」「混合型頭痛」を【女性特有の頭痛】と呼ばれるようになったのです。

一つのことばかりに目がいっていては頭痛は改善されないのです。いろいろな角度から その人をみてあげなければいけないのです。

現在、頭痛で病院にかかると、いくら支払いますか? 私の知っている限り、7日分の鎮痛剤で700円〜1000円はかかると思います。健康保険を使って、鎮痛剤だけでですよ。これが、市販薬だと、もっとお金が必要になってしまうでしょう。

しかも、「1日3回食後に飲んで下さい」っていうお医者さんのなんと多いこと・・。本来、鎮痛剤というのは「頓服薬」として使われるはずなんです。 つまり、「痛いときだけ服用することが望ましい」ものなのです。 お薬の使い方を間違っている・・・。

医者と看護師、立場こそ違っても職場は一緒です。相談くらいするでしょう。それでも「頭痛」はおさまらなかった・・ 。一般の人よりも病気に関しては知識も豊富なはずなのにですよ。 19年間ナースをしていて治らなかった「頭痛」。 これって、お医者さんでは治せなかったといってもいいと思いませんか?

女性特有の頭痛を10の方法で解消させる




「女性特有の頭痛」には、8つの問題があるといいました。あなたの頭痛も、ほとんどこの中の問題が原因になっていることでしょう。1つの問題だけでなく、複数の問題が重なって「頭痛」が起きている可能性もあります。でも安心してください!
  
これらの問題にたいして、「10の解決方法」を記しました。 「10の方法も実践するの〜?」 っていうわけじゃありませんよ。あなた自身、原因を明確にして、それに対応したことだけ普段の生活に少しだけ取り入れてもらえば結構ですので・・・。もちろん、どの方法もすごく簡単なものばかりです。すんなりと、あなたの生活に溶け込めるようなものばかりです。



医療機関では治せない偏頭痛


医療機関、医者でも治すことが出来なかった偏頭痛が治ったと評判で実績のある改善方法がこちらの「慢性頭痛解消プログラム」です。偏頭痛を含む慢性頭痛は医療機関に通ってもなかなか治せることが出来ないと思います。もちろん、今の痛みは対処して貰えますが、今後偏頭痛にならないようにと治療はしてくれません。だからこそ偏頭痛持ちと言われ、ことあるごとに頭が痛くなり、症状を薬で抑えるという繰り返しがされています。


しかし、そんな事を19年繰り返してきた状態をたったの35日間で改善させることが出来た10の方法はぜひ、確認しておくべきです。慢性頭痛は本当に生活に支障を与えます。偏頭痛から解放される唯一の方法ではないでしょうか?偏頭痛で悩まされている方は今すぐ、この方法を取り入れるべきです。


「女性特有の頭痛」をたった35日間で改善させた経済的でお洒落な方法
【慢性頭痛解消プログラム】