過労と偏頭痛


大学を卒業してから私が就職した先は、仕事の時間も日によって違う不規則な時間帯の職場でした。緊張もあったのか、今までで一番頭痛が酷い時期でした。仕事の時間帯は、朝から夕方の日もあれば、昼過ぎから終電の日もあり、早朝終電というケースもありました。

だから、睡眠時間も日によって違い、生活のリズムも乱れ、それが偏頭痛に現れていたのだと思います。仕事は目の回るような忙しさで、頭痛や目眩の中で仕事をするのは日常茶飯事でした。寝ても覚めても仕事をして、夢の中でも過酷な日々、頭の中では常に仕事の悩みがつきまとい、プライベートな時間は作れず仕事一色の生活、過労でフラフラの中、いつもダッシュでロッカーまで行き頭痛薬を飲んでダッシュで仕事に戻る、そんな日々でした。

働いていた場所は、そこまでしても続けたい私の憧れの世界だったのです。私の職場では、そのヘビーなスケジュールでみんな動いていて、それが当たり前なので私にも出来ると思っていましたが、想像以上に自分の体が人より弱い事に気付きました

自分には続けられない


友人に久しぶりに会うと「痩せたね」ではなく「やつれたね」と言われ、「病人のお見舞いにきたみたい」と。その時、このままの生活は自分には続けられないと思いました。仕事を辞めてすぐ結婚し主婦になり、規則正しい生活に変わると、偏頭痛の日々はあっという間に終わりました。あの日々を思い返すと、息つく暇さえありませんでした。

社会人の時期は特殊な職場だったので極端な例ですが、過労は偏頭痛のもとという事を身をもって体験しました。あの時期があったから、ゆとりのある生活を送ろうと心掛ける今があるのです。


慢性頭痛を解消させる唯一の方法