なぜ薬が効かない!?


偏頭痛になっても一安心。薬は私達の強い味方です。しかし、薬が偏頭痛に効かない時があります。それはなぜでしょうか?理由がいくつか挙げられます。

まず、よくある理由が、

薬を飲むタイミングを逃してしまった時

どんなに効果がある薬でも、痛くなり始めた頃に服用するのが効果的と言われています。下手に我慢して、痛みがピークを迎えてから薬を飲んでも効かない場合があるという事を覚えておきましょう。

市販薬でも、沢山の薬があります。偏頭痛に慣れている人なら、もう既に自分の頭痛が治る薬をご存じでしょうが、まださほど慣れていない人だと、自分に合う薬を見付けていない人もいます。

薬によっても、効く・効かないがあります。薬の種類にも様々な成分が含まれていて、ロキソニンにはロキソプロフェン、イブにはイブプロフェンが含まれています。イブが効かない人は、イブプロフェンという成分の効果が得られない場合があります。イブプロフェンは元々、鎮痛作用が強いわけではないからです。

そもそも、市販薬は鎮痛剤であって、偏頭痛の薬ではないため、偏頭痛の原因である脳内の血管を収縮する効果が得られないため、市販薬では治らない人もいます。

どの市販薬を試しても効果がない人は、病院で診てもらいましょう。偏頭痛の薬を予防薬として服用するのも、効かなくなる原因になります。頭痛がないのにも関わらず、頭痛を予防するために服用するという使い方をすると、いざ痛くなった時に効かないという事が起こります。

予防したい場合は、予防薬がある

ので、医師に相談しましょう。

偏頭痛の特効薬!イミグラン


偏頭痛の治療薬の一つとして、

イミグラン

という薬があります。商品名はイミグランですが、名称はスマトリプタンと呼ばれています。イミグランは、バファリンやロキソニンのように市販薬でもなければCMでお馴染みの商品でもないので、あまり耳にする事もない名前かもしれませんが、市販薬が効かない人でも、偏頭痛の特効薬とも言われているイミグランを病院で処方してもらえば、強い痛みから解放される可能性があります。

市販薬は痛みを抑えるいわゆる鎮痛剤ですが、イミグランの場合は、

偏頭痛の痛みの原因である血管の拡張を抑える薬

なので、偏頭痛に苦しむ人の強い味方になってくれる事でしょう。イミグランで痛みを和らげる方法として、主に三種類の方法があります

・病院で注射をしてもらう方法
・錠剤の薬を服用する方法
・鼻から点鼻薬で治す方法

があります。

効き始める時間はそれぞれ違い、一番早く効果が出るのは注射、それから点鼻薬、続いて錠剤です。自宅や外出先で一人でも簡単に出来るのは、錠剤の薬を服用する方法と点鼻薬でしょう。やはり身近に感じるのは、錠剤を服用する事だと思いますが、市販薬よりも高価な値段になります。

1錠1000円ほどする

ので、保険を適用して3割負担として考えても1錠300円です。ただ、副作用がほとんどなく即効性があるという点が魅力的な薬です。

市販薬は痛みが強くなった後に服用しても効果がない場合もありますが、イミグランは、痛みが強くなった後でも、痛みを和らげる働きをしてくれます。とはいっても、痛み出してからすぐに服用する事が、より効果的だと言えるでしょう。

効果を実感出来るトリプタン系薬剤


偏頭痛で薬を処方してもらう際、ドラッグストアでも購入出来るロキソニンやボルタレンといった鎮痛剤を処方される事があります。軽い偏頭痛の場合は、このような薬で十分治ります。

偏頭痛専門の薬となると、

「トリプタン系薬剤」になってきます

ドラッグストアで気軽に購入出来るものではありませんが、ドラッグストアに並ぶどの商品を服用しても効果が見られず諦めかけていた人の救世主になる存在の薬かもしれません

トリプタン系薬剤は、偏頭痛の原因で痛みを引き起こすと言われている、広がった脳の神経を戻すと共に、神経ペプチドの放出を抑える働きをします。

偏頭痛は、痛くなる前に予兆や前兆を感じる人もいますが、トリプタン系薬剤は、予兆や前兆の時点で薬を服用しても、効果が見られない場合があるので、

痛みを感じたら服用するのが適切なタイミングです

痛みを感じ出し、その痛みが偏頭痛だと思ったら、出来れば10分以内に服用するのがベストなタイミングです。この服用するタイミングを覚えておけば、より効果的に使用出来ます。

1錠服用し、効果が薄いと感じた場合は、服用後6時間置き、もう1錠服用する事が可能です。この時の注意点として、1錠服用した時点で全く効果を実感出来なかった場合は、二度目の服用を中止して下さい

今、日本で取り扱っているトリプタン系薬剤の種類は、イミグラン・ゾーミック・レルパックス・マクサルト・アマージの5種類があります。イミグランは点鼻薬があるため、偏頭痛からくる吐き気が強い人には錠剤よりも使いやすいでしょう。ゾーミックは口腔内速容錠、マクサルトは口腔内崩壊錠なので、口の中で溶けやすく、緊急時も多少の苦味を我慢すれば、水なしで素早く服用する事が出来ます。

5種類の中でも、特に即効性のある薬は、イミグランの注射と点鼻薬だと言われています。そして、長時間持続する薬として挙げられるのは、レルパックス・アマージです。自分の状態や症状に合わせて服用出来るので、医師に相談して下さい。

5種類のトリプタン系薬剤の中で一つを試し、もし効果が無かったとしても、トリプタン系薬剤自体が効かなかったとは限りません。他のトリプタン系薬剤が自分に合っている場合もあるので、諦めずに他の薬も試してみると良いでしょう。

トリプタン系薬剤のもう一つの特徴は、偏頭痛で吐き気や嘔吐がある場合は、痛みと共に症状を緩和してくれる効果もあるので、市販の鎮痛剤よりも優れた効果を実感出来る事でしょう。妊娠した場合は服用を中止して下さい。授乳期は服用後12時間空ける事で授乳出来るので、授乳しながら服用する事が可能です。医師に相談、確認をしてから服用して下さい。

偏頭痛に効く市販薬の種類


大事な日に限って偏頭痛になる時があります。普段は薬に頼らずに生活をしていても、こんな日は思いきって市販薬に頼る事も必要です。今は、ドラッグストアに行くと、沢山の偏頭痛に効く市販薬が並んでいます。

それでは、市販薬の違いはどこにあるのでしょうか?

まずロキソニンこちらは、医療薬として、病院で使用されてきましたが、今では同じ成分でドラッグストアで手軽に購入出来るようになりました

第一三共ヘルスケアから販売されている「ロキソニンS」は、医療用よりも胃に負担がかからないように作られていて、眠くなる成分が含まれていないという点では、仕事中に頭痛に襲われた人には、服用しやすい薬と言えるでしょう。

粒が小さい事から飲みやすく、痛みに早く効くというのも特徴です。1回1錠というのも便利です。しかし、医療薬として使われている薬だけに強い薬でもあるので、妊娠中・授乳中の人や、15歳未満は使用出来ない、など注意点もあります。

ライオン株式会社から販売されている「バファリン」こちらは、CMでもお馴染みなので、沢山並んでいる偏頭痛の薬の中でも手に取る人が多い薬でしょう。色々なシリーズが出ていて、子供用やプレミアム処方など様々です。

価格も安く、効き目を実感する人も多い薬です。昔からある薬で有名なため、薬はあまり服用したくない人でも安心感があるでしょう。しかし、他の鎮痛剤よりも粒が大きいため飲みにくいという意見もあります。子供用のバファリン以外のものは15歳未満の服用は出来ないので注意が必要です。

エスエス製薬から出ている「イブ」は、長年愛用している人が多いのではないでしょうか。特に偏頭痛だけではなく、生理痛などの痛みや熱にもよく効くので、女性は常備薬として置いている人も多いでしょう。粒も飲みやすく、胃に負担をかけずに効きます。即効性を求める人は、イブAよりイブクイックがオススメです。

シオノギ製薬から出ている「セデス」は、7歳以上が服用可能なので一家にひとつ置いておくと安心、副作用が少ないのも特徴です。

大正製薬の「ナロンエース」は、ダブルブロックが特徴で、痛みの元・痛みの伝わりの痛みの原因を両方ブロックしてくれます。そのため、即効性を感じる人も多い薬のひとつです。15歳未満の服用は出来ません。どの薬も、痛みのピークを迎えるとく、効果が薄れてしまうため、痛みが出始めたら、早めの対処をするのが良いでしょう。用法・用量はしっかり守って服用する事が大切です。


慢性頭痛を解消させる唯一の方法