寝過ぎは良くない?


休日に予定もなく遅くまで寝てしまい頭が重い、頭が重いからといって更に横になっているとまた眠ってしまい起きたら頭が痛い、そんな経験をしたことのある人は少なくないと思います。人は寝不足でも頭が痛くなりますが、寝過ぎでも痛くなるそうです

学生の頃は平日に寝不足だからといって休日にたっぷり「寝溜め」してましたが、寝不足と寝過ぎの繰り返しは偏頭痛にとって最悪なパターンだと言えるのではないでしょうか。寝すぎで頭が痛くなり疲労感まで感じてしまったら、逆効果です。「寝疲れ」という言葉もあるので、寝れば寝るほど疲れが取れるという事ではどうやらなさそうです。私も休日に寝すぎて偏頭痛に苦しみ、せっかくの休日を今まで何日無駄にした事か分かりません。

偏頭痛に限らず生活リズムは当然大事


人は、太陽の光と共に起き、太陽が沈んで夜に眠ることが一番良いのだそうです。昼寝をしても良いので朝は平日と同じように起きるのが大切だそうです。もし、休日はのんびり休んで過ごしたい場合は、眠りたいのに我慢するのは体に悪く、イライラしながら休日を過ごすことになってしまうので、午前中に2時間以内の昼寝だと良いそうです。

私は休日の朝が大好きです。平日と同じ時間に起きて、家族でパン屋さんに出来たてのパンを買いに行き朝食をとると、清々しい一日の始まりを迎える事が出来ます。午前中に昼寝もしますが、朝に一度体を起こしているので、起きた時また気持ちよく行動出来ます。

偏頭痛には、規則正しい生活・毎日生活のリズムを整えることが大切なようです。平日・休日関係なく、休日の前の日の夜に夜更かしをしない、休日だからといって遅くまで寝ない事が単純ですがポイントだと思います。


慢性頭痛を解消させる唯一の方法