偏頭痛と天気の関係


なぜだか朝から頭が重くてぼーっとする事があります。私の場合、大抵偏頭痛には理由があります。久しぶりに友達が遊びに来てハイテンションで盛り上がった日、出掛けて人混みに疲れた日、主人と言い争いになった日、何日間か忙しくしていて緊張の糸が緩んだ日、そういう理由がないのに朝目覚めてからだるく頭が重い、そんな日の共通点を最近ようやく見付けました。天気がどんよりしている日が多いのです。

やはり天気と偏頭痛は大きく関係しているそうです。女性に多いようですが、不安定な天気の時に偏頭痛がやってくるのは私だけではありませんでした。理由は、酸素が薄くなり、脳や血管が圧迫されるという理由からのようです。梅雨の時期や台風の時期は、ただでさえ湿度もあり気分がぱっとしない中で、追い打ちをかけるように偏痛に襲われるのはとても辛いです。

偏頭痛が悪化


偏頭痛が悪化するのは、水分補給が足りていない場合があるという事を知り、ドキリとしました。正に私は水分を摂るのが苦手です。朝起きてコップ一杯の水を飲むのに苦労したり、食事以外で水分を摂る機会がほとんどありません。

油断していると一日500mlほどしか水分を摂っていないのではないかというほど酷い日もあります。しかし、偏頭痛は水分を摂り血液をサラサラにするのが大切なようです。水分補給は偏頭痛だけではなく健康面にも良いので、出来れば一日を通して毎日小分けに1.5〜2リットルは水分を摂り頭痛緩和が出来ればと思っています。天気は私達がコントロール出来ないので、低気圧に負けない体を日頃から作っていくのも必要かもしれません


慢性頭痛を解消させる唯一の方法